2010年05月13日

「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、5月末の決着期限が目前に迫る中、政府・民主党内で鳩山由紀夫首相の責任論に予防線を張る発言が相次いでいる。普天間問題が頓挫すれば、政権最大の“失政”となるが、それが首相の退陣論に直結すれば、7月の参院選へのダメージは計り知れないというお家の事情が作用している。(船津寛)

 9日のフジテレビ番組「新報道2001」で、決着先送りに言及したのは前原誠司沖縄担当相。閣内にあって、「ポスト鳩山」候補にも数えられる前原氏だが、この日は首相擁護に終始した。首相が在沖米軍海兵隊の果たす抑止力について「(考えが)浅かった」と語ったことについても、「そういう方なんですよ。鳩山さんという方は、本当に謙虚な方だ」と微妙な言い回しでフォローした。

 前原氏と近い仙谷由人国家戦略担当相も7日のBS番組の収録で「5月末でなくても合意づくりに粘り抜いてほしい」と述べ、普天間問題の決着先送りに言及。両氏ともに首相に助け舟を出す形となっている。

 ただ、「5月末決着」を政府内で最初に言い出したのはほかならぬ鳩山首相自身。普天間問題をめぐっては、昨年の衆院選時に「少なくとも県外(に移設する)」とした首相の発言も、「明確な約束違反」(谷垣禎一・自民党総裁)となりつつある。これに加えて、決着期限までほごにすれば、首相の責任論に火がつくのは明らかだ。

 民主党には、首相退陣をどうしても避けなければならない事情がある。

 野党時代の民主党は、1年ごとに首相が変わる自民党政権を批判し、政権交代を果たした。鳩山首相が1年足らずで退陣すれば、解散・総選挙で国民に信を問わなければ筋が通らない。しかし、衆院で300を超える議席を有する民主党にとって、現時点での総選挙は百害あって一利なしだ。

 さらに、首相の退陣は、同じ政治とカネの問題を抱える小沢一郎幹事長の責任論にも飛び火しかねない。

 そこで首相の責任論を回避するためにささやかれているのが、政府内で普天間問題を切り盛りしてきた平野博文官房長官の更迭を含む内閣改造論だ。平野氏も周囲に「おれのしかばねを乗り越えていけばいい」と“覚悟”を漏らしている。

 ただ、普天間問題をめぐる情勢は、周囲の思惑とは裏腹に首相の責任論に収斂(しゆうれん)しつつある。首相は4日、就任後初めて沖縄県を訪問し、自ら現状打開に動いたが、かえって地元の反発を招いた。7日には鹿児島県・徳之島の3町長に普天間の機能の一部引き受けを要請したが拒否された。

 政府は10日、普天間問題の関係閣僚会議を開き、移設先をめぐる政府案について詰めの協議を行う。12日にはワシントンで日米実務者協議も予定しているが、地元自治体や米側の合意を得られる見通しはなく、5月末の決着は絶望的な状況だ。普天間問題の決着に「職を賭す」と大見えを切った鳩山首相。その退路は断たれつつある。

【関連記事】
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
生きていた鳩山首相に強い味方が登場
対米関係悪化を懸念 普天間問題で谷垣氏ら
普天間問題、足を引っ張り合っている場合じゃない
訓練受け入れ拒否「絶縁宣言」

皇太子ご一家、御料牧場からご帰京(産経新聞)
<電動自転車>CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
参院選を控え提言書を作成−神奈川県介護支援専門員協会(医療介護CBニュース)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
カーナビ盗難防止の「特殊ねじ」売り上げ急増 神戸のメーカー開発(産経新聞)
posted by ヤシロ マサノリ at 11:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

山陰海岸学習館、24日リニューアルオープン 鳥取(産経新聞)

【ふるさと便り】

 鳥取県が改装を進めていた「山陰海岸学習館」(岩美町)が24日、リニューアルオープンする。世界ジオパークネットワークへの加盟を目指す「山陰海岸ジオパーク」の拠点施設と位置づけ、「地質遺産」としての山陰海岸をアピールする施設に生まれ変わった。

 約7千万年前の日本海の成り立ちから紹介する「山陰海岸の誕生の物語」▽日本海の海底地形や生息する動植物を紹介する「日本海の構造と生き物」▽砂浜など陸地側の生物を紹介する「山陰海岸の生き物」−など6コーナーで構成。現在の山陰海岸を5万5千分の1に縮尺した立体模型や、鳥取砂丘の地層をはぎ取った標本などが新たに展示される。

 このほか、体験学習室の映像設備なども充実させ、研修などに使えるようにした。

 山陰海岸ジオパークは、京都府京丹後市の経ケ岬から兵庫県を経て鳥取市の白兎海岸までがエリア。平成20年に「日本ジオパーク」に認定され、昨年10月には世界ジオパークネットワークの国内候補地に選定されている。

【関連記事】
喫茶コーナーがオープン 坂の上の雲ミュージアム 愛媛・松山
6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問

横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
チューリップ祭に戻れる?市長オランダで足止め(読売新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
あしなが募金に理解を 高校無償化… 育英会が影響懸念 (産経新聞)
9か月の長女を壁に投げつける…風俗店員逮捕(読売新聞)
posted by ヤシロ マサノリ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)

 働く女性の7割以上が、自分はメタボリック症候群または予備軍だと考えているとの結果が、化粧品会社ナガセビューティケァのインターネット調査で出た。周りにいる「メタボな人」にも女性を挙げる回答が最も多く、メタボといえば男性とのイメージを覆す結果となった。
 調査は2月、首都圏の20〜50代の仕事を持つ女性500人を対象に実施した。
 自分はメタボと思うかとの質問に、「思う」としたのは13.4%、「ややメタボ気味」は22.8%で、「今は違うが危機感はある」(38.8%)という予備軍を合わせると7割以上に上った。
 メタボまたは予備軍と感じる理由(自由回答)は「おなかが出てきた・肉が付いた」が最多で、「しゃがむとおなかが苦しい」とのリアルな記述も。次いで「太っている・太ってきた」「体重増加」となり、診断基準(腹位など)よりも体形や体重で判断していることがうかがえた。 

【関連ニュース】
薄型テレビ販売、2.5倍に急増=3月、エコ基準変更前に駆け込み
「ありがとう」1位は母親=受験に関するネット調査
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず
トヨタ、米国で3位転落か=今年のシェア予想

米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に−成田空港(時事通信)
村本さんの遺体、今夕帰国=ロイター関係者とタイ出発(時事通信)
寛仁さま、トルコへ(時事通信)
<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
<花岡事件>中国人犠牲者の無念刻む記念館オープン 秋田(毎日新聞)
posted by ヤシロ マサノリ at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。